むかし話 その5 人生って(笑)

むかし話 その5 人生って(笑)

Pocket

 

昔昔、小学生の頃、私はサッカーに夢中でした。

朝、授業が始まる前サッカー、昼食は誰よりも早く済ませサッカー、

放課後、もちろんサッカー。

その後小学6年を迎え、今じゃ死語みたいですが小学校体育連(しょうたいれん)

と言うのが開催されてまして、当然サッカーで出たいと思ってたところ

担任の先生がバスケに来い、

え! 殆どやったことないんですけど 😅

 

当時体力テストと言うのが行われていて、その中にドリブル(バスケタイプ)

そのタイムがだんとつと言うのが理由だったようです(自慢満載)

と言うことでバスケやることになり、練習もしました。

そして大会始まりました、試合中驚いたのが殆ど面識もないとても可愛い転校生が

柴田〜、柴田〜 と大きな声で応援してくれてるんです。

それってやはり超嬉しいですよね。

その効果なのかシュート決まりまくり、何校かと対戦したわけですが結果優勝しました。

疲れ果てました 😴

 

その流れで中学校ではバスケ部に入りました。バッシュ(当時の足首まであるバスケのシューズです)

を履き、ウキウキしてバスケ頑張るつもりでした。

しかし何があったのか把握してませんが、いきなり全ての運動クラブが廃止となりました。

私自信は中2から転向したんですが1年バスケやってないのでその後、新たに参加する気になりませんでした。

 

今回はそんな残念な話でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA